福岡市東区のスケルトン解体はロープライズへ

スケルトン工事全般お請けします。

福岡市東区での実績レポート

東区のあるビルの1階にあるテナントの解体工事に行ってきたときのレポートです。

テナントの内装を、建物の構造体以外の全ての物を解体し、コンクリート打ちっぱなしのスケルトン状態にするのですが、床・壁・天井・配線・給排水機・吸排気設備など全て入居時の状態に戻すことで工事完了になります。

トラブルなく工事を完了する為に、一番大切なことは、依頼主やオーナーと「どのような状態に戻すのか」をしっかりと打ち合わせし齟齬がないようにしておくことです。今回のお客様とも打ち合わせを重ね、しっかり意思確認したうえで本日から施行となりました。使える配線は生かした上で、配管は内装や壁を撤去したうえでその傷み具合によっては撤去、という計画です。

壁の中の配管・配線は傷つけてしまうと大変

壁の中の配管・配線は傷つけてしまうと大変です、万が一破損した場合、補修にコストや時間がかかります、慎重に工事を進めます。同時進行で運び出したパーテーションや家具、什器、配管等を分別仕訳してリサイクル可能なものを運び出します。そこで残ったものは不用品として処分し、専門業者へ依頼することも有ります。

もう一つ気を付けているのが近隣の住民やテナント、ビル内のオフィスなどに騒音・振動のご迷惑をかけないようにすることです。迅速かつ慎重に内装を解体して行きます。スタッフも解体する者、運び出する者など連携して、予定通り工事が完了しました。お疲れさまでした。

▲ページの先頭へ戻る