内部解体とは

内部工事全般お請けします。

内部解体の費用について

内部解体の費用・単価は、以下のような概算例にもとづいています。但し、諸条件に より、大きく異なる場合もありますので、現地お見積りにて決定致します。

費用概算
番号建物解体費用
No.1延べ床面積10.89坪12万円~
No.2延べ床面積70坪42万円~
No.3延べ床面積95.67坪55.8万円~
No.4延べ床面積30坪89万円~
No.5延べ床面積12.1坪35.6万円~

建物がマンションなのか、木造なのか、鉄筋コンクリート造なのかなど、様々な状況によっても費用は大きく異なります。 そのため、詳細の内部解体の費用というのは、見積もり依頼をしなければなりません。

解体工事にかかる費用具体例

写真については、お客様とのお話合いにより追加します。

金属スクラップについては、解体業者に買い取ってもらうことで費用を軽減させることができます。業者によっては見積もりに含めないケースもあるので施主側がしっかりチェックしておきましょう。 家屋解体の費用は、様々な項目から工事費用を算出します。複雑な計算を分かりやすく提示したのが、坪単価の解体工事費用です。家屋解体の相場は、家屋の解体費、養生費、廃棄物処分費、事務処理費などを坪単価にして提示することで分かりやすくしています。

しかし、この坪単価での相場は、家屋の解体費用のみとなり、解体費用総額の計算ではありません。坪単価の相場が安いからといって解体工事の総額が安くなるわけではありませんので、注意が必要です。

スケルトン解体の費用を安く抑える対策もあります

スケルトン解体を行う際には、店舗・オフィスなどの場合がほとんどです。

店舗・オフィスの場合には、紹介してもらった不動産業者を通して、解体業者に依頼するケースがあります。

しかしながら、不動産業者の紹介で解体業者に依頼をすると、中間マージンが発生して、割高になる可能性が高いのです。 そのため、直接自分で見つけるようにしましょう。当社へ直接ご連絡ください。

複数の解体業者の見積もりと比較をする

色々な解体業者と比較するようにしましょう。 解体業者によっても、スケルトン解体の費用というのは、大きく変わってきます。 数十万円の差が出る事も珍しくはありませんので、複数の解体業者見ておかなければ、大きく損をする可能性が出てきます。

ただし、価格・単価だけで選択をすると痛い目を見る可能性があります。 違法工事や不法投棄を行っている悪徳業者が存在しているためです。 複数の解体業者と比較をする際には、無料一括見積もりを利用する事をオススメしています。

一括見積もりに登録されている業者であれば、しっかりと審査を行っているため、悪徳業者が登録されているという事もありません。 無料なので、スケルトン解体を検討している方は、一度試してみると良いでしょう。

家具などの設備の撤去を出来るだけ自分で行う

オフィス・店舗には、家具や様々な設備がおいてあります。 設備などの処分を解体業者に依頼をすると、処分費が必要になります。 出来るだけ事前に自分で撤去をしておくと、割安でスケルトン解体工事を行う事が出来ます。

また、リサイクルショップなどで買取をしてもらえる設備もありますので、リサイクルショップを利用してみるのも良いでしょう。

相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。 当社へお気軽に!

▲ページの先頭へ戻る